カードローンの審査でよく言われる信用情報って?

消費者金融では新規の契約時には信用情報機関へ必ず照会を行いますが、契約時の一度きりではなく、利用の途中でも信用情報がチェックされています。
これは途上与信と呼ばれるもので、契約者の他社の借り入れや延滞の状況を定期的に調べています。
契約時の3ヵ月前後は月1回のペースで、その後は3ヵ月間の1回の割合で与信チェックし、信用状態の変化がないかを利用中の審査に加えているのです。
信用は実績を積むことで上がるもので、契約時だけが重要ではないのです。
そのため、延滞がなく、他社の借り入れも増えなければ信用度は増し、追加融資も申し込みやすくなります。
消費者金融の審査は、契約者の状況に応じた与信で継続的に利用してもらうことを重要視し、現在では厳格に適用されています。
転居や転職で個人情報に変更があった場合や短期間のキャッシングの利用も途上与信で分かることがあります。
契約情報は消費者金融との信用の証でもあり、変更がある場合はすぐに届けることが大事です。
プロミスのATMの場所は?どこでも審査!【即日キャッシング】