火災保険は放火の場合でも適用される?

全国的に見て、最も多い火災の原因は放火です。
放火されて家が燃えてしまった場合も、当然保険金が支払われます。
ただし、保険金がおりることを目的とした、故意の放火でないことが条件です。
もし、放火されて火災が起こり、放火したのが身内のものであることが発覚した場合は、免責となります。
保険というのは、通常の生活の中で思わぬ被害を被った際に補償されるものです。
実際に、わざと火をつけて、保険金をもらおうとする人がいないとは言い切れませんが、火をつけっぱなしにしていたり、過失で火災が起きる事例は多くあります。
保険会社でも、「重大な過失」による災害は、保険金支払いの対象外になることが明記されています。
たとえ保険金が出ても、火災では、得られるものより失うもののほうが多いのです。
火災保険に入っていても、火の扱いには十分に注意しましょう。