FXはシストレを使わないと徹夜しないといけません!

FX取引の主戦場は米ドルであればニューヨークです。
ユーロやイギリスポンドであればロンドンでしょうか。
いずれにせよ東京時間では真夜中です。
勝負をかけるのもいいですが、自分の寝る時間を惜しんでいると次の日の仕事に響きます。
FXを本業としているのであれば別ですが、副業としている以上はある程度の見切りも必要です。
そのような人におすすめの方法がシストレです。
自分の注文パターンを入力しておき、後は自動発注をするプログラム売買で、最近ではFX業者で取引をするとシストレでの注文ができるようになっています。
自分はシステムに取引を任せて寝てしまえばいのです。
自分の目論見が外れた際にもきちんとロスカットが発動されますから異常な損失が出ることもありません。