アコムマスターカードはショッピング枠のみで発行できる?

大きい買い物をする際やネット通販など様々な場面で便利になるクレジットカードですが、社会人なりたての人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要と言われているのがクレジットヒストリーです。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利と聞いて必需品化しているので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンや奨学金の返済を滞納してしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後の利用で引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると判断されてしまうからです。

最近増加しているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので期日に気をつけましょう。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんが思い浮かべるのはどの会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っているのは事実です。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

普段あまり書かない勤務先の情報などをうっかり入力ミスしても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。

高い買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができる便利なアコムマスターカードですがカード会社に申し込み、審査に合格しないと発行されません。

審査で重要なのは安定した収入があるかと信用情報です。

クレヒスとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことは大切です。

最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、お金を下ろしたタイミングが悪くて引き落とし日に口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

クレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンの返済途中でもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカを作るときには関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関にデータが残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあります。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性やなどの別の部分を考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意などで公共料金の払い忘れることなどです。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

アコムマスターカードの場合、勤続年数1年以上が条件になっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで以前のアコムマスターカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

アコムマスターカードが欲しいと思い調べてみるとカードを発行している会社やカードの種類が多くてなにを選択したらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を作っている場合が多く審査に通るのが難しいと言われているカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をドラマなどで聞くこともありますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

審査では年収とクレヒスが重要視されています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

引用:アコムマスターカードをキャッシングなしにする方法は?【買い物専用】

アコムマスターカードを申し込んだ時にカード会社側には収入証明を提出していないのにどのように収入情報を見ているのでしょうか。

知っているかもしれませんが、審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を見ているのかというと過去の利用者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいもらっているだろうというデータがあり、そのデータと照らし合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

申し込み内容が怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいいレベルです。

そのため、アコムマスターカードを作ろうとした時に審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレジットヒストリーは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いのみ対応などクレジットカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてカードを発行する場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してくれる人なのかを見ています。